静脈内鎮静法(IVS)とは

傾眠あるいは入眠状態で治療が受けられる

静脈内鎮静法(Intravenous Sedation:IVS)という言葉を、歯科への恐怖心をお持ちの患者さんなら聞いたことがあるかもしれません。当院では、もっとわかりやすく、「無痛点滴麻酔」とも呼んでおります。

静脈内鎮静法は、静脈注射で抗不安薬や静脈麻酔薬などを用いて持続的な鎮静状態にするものです。(イメージとしては、病院の点滴に近いです)緊張や嘔吐反射、疼痛反射等の有害反射を抑制し、安全で快適な状態を維持することができます。

誤嚥の危険を回避するために、適度な嚥下反射を残しつつ、過度な緊張が取り除かれ、傾眠(眠ったようなうつらうつらした)あるいは入眠状態になります。笑気吸入鎮静法に比べて、はるかに確実で安定した鎮静状態が得られ、治療時の記憶が残らない健忘効果が得られる利点があります。


当院は静脈内鎮静法を受けられる数少ない医院です

こんな良い方法があるならばなぜこんなにたくさんある歯科医院の多くで実施されないのか?と思われると思います。答えは簡単で、静脈内鎮静法をできる歯科医師がほとんどいないからです。当院は日本歯科麻酔学会認定医が院長ですのでご希望があれば実施できる数少ない医院です。

治療時に利点がある一方で、薬に対する感受性や過量投与によって、時として呼吸や循環が過度に抑制されてしまう可能性もあり、バイタルサインの持続的な監視、緊急時に適切に対応できることが実施条件となっています。

当院では患者さんの80%くらいはIVSをご希望されています

寝ている間に治療が終わっている・・・治療後、まったく覚えていないとほとんどの患者さんがおっしゃいます。多くの患者さんがスヤスヤ眠ってらっしゃいます。辛い歯科治療を経験されている患者さんにとっては、夢のようだと思います。治療を頑張る必要がありません。

治療後は、起き上がれるか、しっかり歩けるかを確認してから、お帰りいただいていますのでご安心ください。
※妊娠中の方など、静脈内鎮静法が受けられない方もいらっしゃいますのでご相談ください。


静脈内鎮静法の受け方を3つから選べる

  1. 基本的にIVS下で治療を行う
  2. 通常の治療を受けられるようにリハビリも兼ねた治療を行う
  3. 基本的に②で治療を進めて、時折IVSも使用する

更新日:

Copyright© 歯科心理カウンセリング・歯科恐怖症リハビリ治療 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.