恐怖症

嘔吐反射の方に朗報。嘔吐反射があっても楽に治療が受けられる方法

投稿日:

嘔吐反射はなぜ、どんな時に起こるのでしょうか。嘔吐反射の方でも楽に治療が受けられる方法があります。

嘔吐反射はなぜ、どんな時に起こる?

「嘔吐反射」。この反射のせいで辛い思いをしている患者さんが沢山います。
「嘔吐反射」とは、咽頭粘膜や舌の奥への刺激などで起こる反射のことです。
歯科の現場においては、上あごに鏡が触れたり、型取りをする際に起こることが多いです。人によっては、エックス線を撮る際も苦しい思いをされる方もいます。

吐き気は本当に辛いものです。奥歯を磨きたくても磨けない方も多く深刻な問題です。

嘔吐反射があっても楽に治療が受けられる方法とは?

嘔吐反射があっても、楽に治療が受けられる方法があります。

それは、「静脈内鎮静法」です。リラックス診療、究極の無痛治療、無痛点滴麻酔・・・など様々な呼び方があります。

静脈内鎮静法は、ある程度反射も抑制するので治療中の嘔吐反射も少なくなります。そして何より、眠っている(うつらうつらしている)間に型取りや治療が終わります。

女性は勿論、男性の方にも多い、「嘔吐反射」。全くもって恥ずかしいことではありません!!歯科恐怖症の方にももちろんのこと、嘔吐反射が辛い患者様にも安心して治療が出来た、何も覚えていませんなど、好評です。

皆さん、口をそろえて、「こんな方法があるならもっと早く知りたかった」とおっしゃいます。

是非、ご自身で体感してみてください。きっとこれからはもっと気楽に歯科治療にご通院いただけると思います。是非、令和元年に歯科治療の概念を覆していただけたらと思います。

-恐怖症
-, , , ,

Copyright© 歯科心理カウンセリング・歯科恐怖症リハビリ治療 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.