歯の治療について

入れ歯?ブリッジ?それともインプラント?

更新日:

歯がボロボロで、噛めない状態。歯医者さんには、「入れ歯か、ブリッジか、インプラントか」と言われた。インプラントという言葉はよく聞くけれど、どういう治療なのでしょうか?

インプラントはオンリーワンの治療法

歯を失ったとき、「入れ歯か、ブリッジか、インプラントか」と選択肢を挙げられ、多くの方が迷うことと思います。インプラント治療は、ご近所の方や会社の方が手術を行ったと聞いたなど、ここ最近特に身近になってきています。

インプラント治療は、金属の一部(チタン)を骨に埋め込み、上部に人工歯を取り付けて噛めるようにするという特殊な治療法です。一番の特徴は、金属が骨と結合するということです。

つまり、入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけず、傷めずにすむということです。

こうした治療は、現状ではインプラント治療以外ありません。そういう意味で、替えの利かないオンリーワンの治療となっています。

インプラントの欠点は?

勿論、欠点もあります。まず、手術が必要だということ、そして、治療期間が長めである、治療準備に時間がかかることもある、そして自由診療(自費診療)であるという点です。

ただ、信頼性の高い材料と機器、器具を用い、検査と治療計画を綿密、精密に行い、感染対策をしっかり行い、専門的に訓練された医師、スタッフが治療を行うため、ある程度の費用が生じざるを得ないといえるでしょう。

-歯の治療について
-

Copyright© 歯科心理カウンセリング・歯科恐怖症リハビリ治療 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.