歯科心理エピソード

長年の歯科恐怖心との戦いにあっけなく終止符が打てた方法とは

更新日:

歯医者が怖い、歯医者に行けないという患者さんは多いでしょう。寝て起きたら治療が終わっている。そんな夢のような話が現実にあるのです。「静脈内鎮静法」という方法をご紹介します。

静脈内鎮静法って何??

静脈内鎮静法をご存知の方はまだ少ないと思います。ご存知という方は、よほど強い歯科恐怖心でお困りではないでしょうか・・・?

静脈内鎮静法とは、静脈注射で静脈麻酔薬などを用いて持続的な鎮静状態にするものです。緊張や嘔吐反射、疼痛反射等の有害反射を抑制し、安全で快適な状態を維持することができます。

誤嚥の危険を回避するために、適度な嚥下反射を残しつつ、過度な緊張が取り除かれ、傾眠(眠ったようなうつらうつらした)あるいは入眠状態になります。お酒を飲んで良い気分になっているような感じとおっしゃる方もいます。笑気吸入鎮静法(笑気麻酔と呼ばれることが多いです)に比べて、はるかに確実で安定した鎮静状態が得られ、治療時のイヤな記憶が残らない健忘効果が得られるという利点があります。

静脈内鎮静法(略してIVS)は治療のストレス緩和のために最適な管理方法として発展してきました。最近ではリラックスして治療を受けていただくための手法として広まってきています。「究極の無痛治療法」、「無痛鎮静法」、「リラックス治療法」など、呼び名は様々です。当院では、「無痛点滴麻酔」と呼んでいます。病院で点滴を行った経験がある方は多いと思います。方法は同じです。

静脈内鎮静法なんて知りませんでした。はなぜどこの歯医者でもできないのでしょう?

静脈内鎮静法は、麻酔薬を使用します。薬に対する感受性や過量投与によって、時として呼吸や循環が過度に抑制されてしまう可能性もあり、バイタルサインの持続的な監視、緊急時に適切に対応できることが実施条件となっています。なので、モニターと呼ばれる機器があるか、何より麻酔薬を的確に操作し、管理できる歯科医師が常にいなければなりません。日本歯科麻酔科認定医、専門医は日本全国で1,000人余りと非常に少ないです。そのため、どこの歯医者でも「はい、すぐにできます」というわけにはいかないのです。当院は、院長が日本歯科麻酔学会専門医ですので、安心してお勧めすることが出来ます。

このサイト内に「静脈内鎮静法」についての箇所がありますので、是非ご覧になってみてください。

静脈内鎮静法について読む
よくある質問(静脈内鎮静法)を読む

私は日々クリニックで、歯医者が怖くて行けなかったという患者さんが、静脈内鎮静法にて治療を受け、どんどん治療が進んでいく様を目の当たりにし、「こんな方法があったなんてもっと早く知りたかったよ」、「とても気が楽になった」という実際の声を耳にしています。まだまだメジャーではない、「静脈内鎮静法」が多くの患者さんの抱える歯科への恐怖心を軽くすることが出来る方法と実感しております。口をずっとあけていることが辛いという患者さんにもおすすめです。

静脈内鎮静法が適応ではない患者さんもいますので、是非お問い合わせください。

お問い合わせ

-歯科心理エピソード

Copyright© 歯科心理カウンセリング・歯科恐怖症リハビリ治療 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.