歯の治療について

お子様のはじめての来院は?

更新日:

お子さんのはじめての歯医者さん。

何回かそのような機会がありました。そんな時、私はいつも以上の強い責任感で望みます。なぜならば、その子の歯科医院のイメージを私が左右することになり、場合によってはそのイメージは一生続くこともある ― そのお子さんの歯科人生を決めることになりかねないと考えるからです。

歯科医院に来ただけで、万々歳なのです。本当に偉いわけです。親御さん共に。敬意をもって診療すべきと考えます。

はじめは、一人で椅子に座れなくても、椅子に座らなくても、口を大きく開けられなくても、はたまた口を開けなくても良いと私は考えます。まずは歯科医院という特殊な空間に慣れていただき、また今度来院していただき、その時できることを行い、徐々にできるようになれば良いと考えます。大切なのは、焦らないこと、歯医者はなかなか楽しいところだと思っていただくこと。

その子にはその子のペースがあります。周りの子が出来ていようと、関係ありません。歩みは遅く感じようと、いつか必ずできるようになります。何人ものお子さんが、できるようになっていったのをこの目で見てきました。付き添いのお母さんが目を丸くされたり、時に目頭を熱くされたりしているのも何度も見てきました。

しかし実際働いているママにとっては何度も治療に付き添えません。一回で治療を終えてほしいなど、時間がなかなか取れないというお気持ちも物凄く良く解ります。

幸い、歯科医師の数だけ治療に対する考えはあると思います。身体を固定して回数少なく治療してくださる医院もあれば、まずはお子さんのトレーニングという形で回数をかける医院もあります。自由診療の医院もあれば、保険診療の医院もあります。

お母さんご自身が受診されている歯科医院にお子さんを受診させるケースが多いと思います。それはとても良いことだと考えます。歯科医院がこれだけある現在、歯科医院選びは美容院選びよりも難しいのでは・・・と考えますが、是非親御さんが納得される歯科医院でお子さんの治療もお願いしてみてはいかがでしょうか。まずは治療ではなく、検診で受診されると良いと思います。本当に初期の虫歯ならば削らす、様子を見ていくこともできますし・・・。

大切なお子さんのはじめての歯医者さん、素敵で楽しい経験でありますようにと心より願っております。

-歯の治療について
-

Copyright© 歯科心理カウンセリング・歯科恐怖症リハビリ治療 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.